大切なワンちゃんのための「熱中症対策」 1



西日本豪雨の被災者の方々も、体力的にも精神的にも疲労が

ピークになっていることと思います。

被害にあわれた方々には心よりお見舞い

申し上げます。



いつも、わんハートを御利用いただきまして
誠に有難うございます。



毎日、毎日暑い日が続いていますね。

全国各地どこに行っても気温が上がり、「キケン」な暑さになっていますが

暑さは、人だけではありません。



熱中症は、大切な愛犬にも気をつけなければいけません。


犬や猫は汗をかくことができません。


呼吸で体温調整をしているため、高温には
強くありません。


また、地面に近いので、放射熱の影響も受けやすいので
注意が必要です。



家庭での熱中症対策


熱中症対策として、


室内、室外ともに、風通しをよくすること


室外の犬舎は日陰の涼しいところに置く。
(移動できない犬舎の場合は、よしずやサンシェードなどで
 日陰を作ってください)


水分補給の際に、いつも新鮮な水が飲めるような
対策をすること。


エアコンの温度は外の気温との差が5℃くらいが体に
負担がないといわれてます。

が、

35℃を越す猛暑日では老犬や仔犬、病気の愛犬など、
体力が落ちている犬への配慮や対策が必要です。



凍ったペットボトルを布に包んで枕にしたり、保冷剤やアイスジェルマット、
扇風機などを利用して過ごしやすくしてあげてください。


散歩など外へ連れ出す場合も、外気温との差を少なくしてから散歩しましょう。


飲み水の減りが早くなるので、水分補給ができるように複数の容器を準備して
おきましょう。


ケージを置く場所も、南西の窓際を避け、風通しの良い涼しい場所においてください。



まだまだ、暑い日が続きます。

皆様も、愛犬も、熱中症には、充分気をつけて

しっかり水分補給して、体調にも気おつけて

お過ごしください。





わからないことがあれば、わんハートスタッフに

お気軽に相談くださいね





 皆様のご来店従業員一同、心より

お待ちいたしております。




 
 

ブログ一覧へ戻る

  • このブログの記事は「林田美智代」が書きました。

    わんハートでは愛犬と飼い主の心が1つになって欲しいとの願いをこめた犬専門SHOPです。
    子犬の販売からしつけ、美容まで小さなことから何でも相談に応じます。
    またトリマーになりたい人の為に、フリータイムスクールを開校しておりますので、是非私たちと一緒に可愛い犬とふれあってみませんか?